新人は辛いよ。本当に。

仕事の大変さを知った

学校でもアルバイトでも特に苦労もせずそこそこなんでも出来てきたので、仕事をきっと甘く見ていた自分がいました。

大学卒業後はじめて就職した会社は人材派遣会社でした。営業なんて接客業と同じだろうと思っていました。最初は先輩の同行をしながら仕事を覚えました。

しかし実際に一人で営業がはじまると先輩がいないとこんなにも心細いものなのかと感じました。また、新卒と言う事で訪問先企業や担当企業の派遣スタッフの質問に対応できず、鼻で笑われたりしました。

もっと『自信』という武器を身に付けなければずっとこのままかもしれないと悩み、落ち着いた雰囲気のある頼れる先輩に相談して聞いてもらいました。

『営業成績や自信も大事だけど、今一度担当企業の求めている事、派遣スタッフの気持ちを考えて見てはどうかな?』と言われ、ハッとしました。

焦るあまりいろんな事を見落として仕事していたと反省しました。もっと担当企業の事を勉強し、どんなニーズを求めているのか考えたり、派遣スタッフには『どんな不満があって、どう改善してほしいか。』など自分なりに考えて実行していました。

それでもなかなかうまくいかない事も多かったです。残業しながらパソコンの前で涙を流した日も今ではいい思い出です。

しかし、仕事を毎日こなしていると半年もすると慣れてきて、少しずつ容量よく仕事ができるようになってきました。

担当企業から『営業に来る派遣会社で一番がんばっているから仕事を依頼したい。』と言われた事と派遣スタッフから『あなたなら信頼して相談できる。』と言われた事が忘れられない嬉しかった思い出の言葉です。生意気なだけだった私を先輩や企業や派遣スタッフからいただいた言葉でたくさん成長させてもらいました。

そして、どんな仕事も一生懸命にがんばっていると結果は付いてくるもので、半年後の営業成績は部署で1位を取りそのあとは地区で1位をいただきました。

営業成績も大事ですが、担当企業の事、派遣スタッフの事がとてもわかるようになると前よりもっともっと仕事が楽しくなりました。ありがとうと言ってもらえる人と人を繋げる素敵なお仕事だと思いました。

メニュー

Copyright(C) 2017 新人は辛いよ。本当に。 All Rights Reserved.