新人は辛いよ。本当に。

男性たくさんの部署での、新入社員

大企業に勤めたのですが、新人時代何もわからない中、高卒ということもあって社会経験もほぼなく、いろいろと大変でしたが、先輩達が本当によくしてくれたので、なんとかいろんな事を乗り越えて勤めていけたと思います。

私はそういう事はなかったのですが、他の部署でやはり厳しい先輩の下にいた人などは、基本頭のいい人たちばかりなのですが、一度教えたら覚えないと怒るとう式の人もいて、涙を流している同僚もいたりしました。

私はそういう事はなかったのですが、仕事という点では、独自で努力することも必須とされていて、ある書類や本など渡されて、自分でコンピュータでの作業や、その他の器械の操作や、書類の手分けなど、教えてもらわなくてもやっていかないといけない点などあって、その点では苦労しました。

教えてもらわずにやらないといけない物や、一度の説明でやっていかないといけない事などがあるので、失敗も時々したのですが、私の担当の先輩はとてもやさしかったので、エラーの発生した部署まで一緒にいって後処理などをしてくれても、笑顔で早く覚えようねっと励ましてくれたのを思い出します。

基本的には本当によい会社だったと思います。

結婚で遠方に行くので辞めないといけないようになったのですが、そうでなかったらずっと続けていると思います。

大企業なだけに、男性が多く、特におじさんたちが多かったのですが、一番大変だったのが小規模での宴会でした。

数箇所での、合同宴会の場合女性達もいるのですが、私の部署は先輩と私の二人で、そのうち先輩は子どもがまだ小さかったので、それを理由に宴会にはほぼ参席しませんでした。

一人で10人ほどの、おじさんにまじって、課長などは娘のように可愛がってくださったのですが、なかなか負担な思いで宴会にはいつも参加していました。

一人でおしゃくなどをしないといけないのも、気持ち的に重かったという感じです。

しかし反対に、ホワイトデーには10人から、とても豪華なプレゼントをしていただき、人気者になった思いで袋にたくさんの飴やマシュマロ、クッキーがどを抱えて家に帰った思い出は、今でも忘れられません。

メニュー

Copyright(C) 2017 新人は辛いよ。本当に。 All Rights Reserved.